稽古

稽古を始めた。今は三人だが少しづつ増えてゆく予定だ。ゆっくりと歩を進めたいと考えてもいる。べっかんこ鬼の拡大バージョンを含めて今年やっていく芝居の方向を見定めてゆこうと思っている。学校も4月から始まる。新しいことを始めたい。引っ越しも終わって少しだがゆっくり出来るようになった。午前中の新しい仕事も始めた。新規まき直しである。戯曲も順調に進んでいる。小説の手直しも3月から始める。二本の長編。一本の短篇をどこかに発表しようと考えて動いている。ファイティング40の続編も構想中で、この作品も発表の場所を模索しているところだ。ここのところ考える。この作品は世に問えるものなのか、芝居も演技も、子どもたちに残せるものをきちんと作っているのだろうか、なんてことをね。今度の家は事務所のようなところなので、本読みくらいは出来る。ここで稽古して体を作って、身構えて進む。隣は空き地で花畑。春には蝶がやってくるだろう。書いている戯曲が蝶の話。縁起が良い。来週から芝居の準備が本格的にはじまる。いい芝居を提供したいと思っていますので、どうぞお楽しみに。今、芝居の世界がつまらないからね。過激で実験的で楽しめる、新たなエンターティメントを目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA