3月

年が明けて、あっという間に3月。今月は15日に「べっかんこ鬼」チェロの奏者とのコラボです。21日には「大人も子どもも劇場」と銘打って、三軒茶屋のチロコロで公演です。

私と松坂、新人の杉島、近藤の4人でのリーディング公演です。子供のいる人ぜひいらしてください。そろそろ子供の心を取り戻したいなんて思っている人もぜひ、ぜひ。

で、私、年明けてなんだか全体的に調子が悪い。酒が急に弱くなったと思ったら、持病の痛風が出て、苦しむ。1月10日から禁酒。今に至っている。まあ、いよいよ酒も飲めなくなったということですね。年を感じます。まだまだ子供の面倒を見なくてはいけない身。御身大事にするしかないわけです。

先月からやっと、牧野富太郎の物語を書き始めました。割と早くできそうです。全体の構成はほぼ上がっています。他の劇団での上演も視野に入れて書き始めました。

3月。世間はコロナで騒いでいるが、なんだかきな臭い。こういうことをきっかけに、大号令の時代がやってくるんじゃないかと危惧する。人の命がかかっている、というと、皆黙るからね。コロナを掲げて何でもやろう。なんて見え透いた支配者の影がちらつく。誰かが、この騒ぎで得しているのである。後で、歴史で見たら、きっと滑稽な出来事として刻まれるような気がする。

さてさて、私、酒を飲まなくなって、考える時間が増えた。町田康だったかが酒をやめて、酒を飲んでも、飲まなくても寂しいのは同じだというのをどこかで書いていた。全くそのとおりで、シラフで寂しさを味わうというのもなかなかいいものなのです。

今月、桜はもう少しですね。温かくなりそうです。4月には新作「Kの誘惑・蝶の夢」の再演もあります。1年がようやく始まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA